小児矯正の治療を受ける|虫歯も予防できる

歯医者

子どもの頃から歯を大切に

医療器具

人間の歯は生きていく上でとても重要な役割があります。どういった役割かというと、食べ物を食べるのに必要なことです。食事をすることって、人間の生きていくエネルギーになります。そのエネルギーを摂取するには、歯で食べ物を噛み砕かないといけません。
噛み砕かないと喉につまったり、栄養として吸収しにくくなります。ですので、その為には歯を丈夫することが大事です。歯を丈夫にすることは、虫歯などの疾患が無い歯だと思います。虫歯があれば、他の疾患に繋がる可能性だってあります。

この虫歯は、毎日歯磨きをして食べ残しを全て取り除くようにすれば、予防することはできるそうです。しかし、虫歯を予防できるのはあくまでも歯並びがいい状態だと思います。ですので、もし子どもの頃から歯並びが悪いとどれだけケアをしていても、虫歯になって歯科で治療を受けないといけないかもしれません。だから、そういったことを避けるには子どもの頃に歯科で小児矯正を受けるといいでしょう。
習志野では歯科で小児矯正の治療をすれば、子どものころは成長途中なので、きれいな歯並びになります。ですので、子どもの頃って学校とかで歯科医の定期健診ってありましたよね。それほど、歯並びというのは大事だということになります。
それに、子どものころに小児矯正を受ければ、歯科に通うことになるので、歯の疾患を予防できるようになります。自分の子どもの歯を丈夫にしたいなら、一度習志野にある小児矯正の治療相談をしてみてはどうでしょうか?

子どもにとって大変?

歯型

小児矯正の場合は、痛みが出ることがあります。それは矯正器具が歯の成長に合っていないことで起こるケースがあります。その為、小児矯正を受ける時は適切な治療が必要となるのです。

詳細を読む

歯並びをよくするには

院内

歯並びは年齢や性別に関わらず悩んでいる人がいます。子供の頃に矯正を受けることで大人になってからの治療の手間も省けます。また、矯正治療を受ける歳は医師としっかり話し合うことが大切です。

詳細を読む

治療期間ってどれくらい?

歯科医

大人に比べ小児の頃に矯正を受けると時間が必要なケースがあります。子供は歯の成長途中なので様子を見ながらの治療になるからです。また、親が注意深く観察することで矯正途中でも歯のトラブルを予防できます。

詳細を読む