大腸がんは患者数の多い病気です|発症前に予防しましょう

ウーマン

他の病気と間違いやすい

腹痛

初期の症状はわからない

大腸がんは、日本で2番目に多いがんとされています。主に男性に多く見られますが、女性も注意が必要です。大腸は盲腸や直腸などに分かれています。更にもう1つ『結腸』というものがあり、これは更に4つに分類されています。大腸がんは、直腸と結腸がんの2種類があり、近年では結腸がんが増えてきています。大腸の役目は、水分の吸収と不要物を便として作り出す事です。大腸がんは、特に大きな自覚症状がなく、他の病気の症状と間違う事もあります。主に血便や便の通りが悪い、下痢と便秘を繰り返す、痛みのあるしこりなどが見られる症状です。特に血便は、大腸がんの中で潰瘍を起こし、血が出ている事が考えられます。痔と勘違いされやすいため、気をつけましょう。大腸がんの回復には、専門機関での早期治療が必要です。

予防策として

大腸がんは進行すると、貧血や腹部の痛み、脳への影響も考えられるため注意が必要です。早期発見のためには、『便潜血検査』や『内視鏡』での検査などを受けるようにしてください。また予防法として、カルシウムとビタミンDの摂取が効果的だと言われています。ビタミンDは食事で摂る事も出来ますが、日に当たる事で体内に作られる栄養素です。ビタミンDはカルシウムの吸収を促すため、2つを摂る事で効果的に大腸がんの予防に繋がります。食生活では脂肪分を控え、野菜を中心に脂肪分の少ないメニューを心がけてください。アルコールが好きな方で、特にビールを取る機会が多い場合も注意が必要です。また、普段から運動をする事も大切です。運動と食生活に気をつけて、大腸がんの脅威を防ぎましょう。

知識を身につける

診察

大腸がんには、便に血が混じる、腹痛が頻繁にある、しこりがあるなどといった自覚症状があるので、心当たりがあるなら受診しましょう。また、入院して治療する方法もありますが、中には通院しながら治すという選択肢もあります。

Read More

生活習慣の改善でがん予防

病院

大腸がんは生活習慣が影響する病気です。特に大事なのは食生活ですが、肉類中心から野菜や魚中心に変える必要があります。また運動をすることも大切で、特に人気のある予防法がスポーツジムやスイミングスクールに通うことです。大事なのが定期検診です。大腸がんは内視鏡検査ができるので、悪性ポリープを除去できます。

Read More

大腸のがんを防ぐ方法とは

腹痛

大腸がんと一口に言っても、発生する部位によって呼び名は様々で、日本人の場合はS字結腸がんと直腸がんが特に多い傾向があります。大腸がんの予防はまず食生活を改善し、食物繊維を多く摂るのがお勧めです。さらにアルコールは控え、禁煙をして規則正しい生活を送るようにすれば、大腸がんのリスクは小さくなります。

Read More