大腸がんは患者数の多い病気です|発症前に予防しましょう

女の人

知識を身につける

診察

自覚症状

大腸がんは早い段階で発見できれば、完治することもあり得ますから、定期的に検査を受けておきたいものです。ただ、仕事や家事にと忙しいと、どうしても後回しにしがちになってしまいますし、何よりも病院に行くための踏ん切りがつかないものです。そこで大腸がんではないかと疑っておく症状というのがあるので、覚えておくと良いでしょう。まず、大腸がんのできる位置にもよるのですが、便に血が混ざっていることがあります。そのため、トイレに行ったら必ずチェックしておくようにしましょう。また、人によっては頻繁に腹痛を起こしたり、腹部にしこりが見つかるといったこともあるため、一つでも当てはまるなら、なるべく早く受診することをおすすめします。

自分に合った治療法

大腸がんであると診断されたからといって、最悪の事態をすぐに想定する必要はありません。最近では医学が進歩したおかげで、生存率も上がっているのです。そのためには、自分に合った治療を行なってくれる病院を探しましょう。まず、入院して大腸がんを治すために専念したいという場合もあるでしょうから、それなら設備の整った大きな病院を探すと良いです。中にはがん治療を専門に行なっているところも少なくはありません。ただ、人によっては仕事を辞められない、といったこともあるのなら、通院しながら大腸がんの治療ができるというところもあります。そのような病院では、副作用の少ない薬を使ってくれたりと、極力体に負担のかからない方法を選んでくれます。